--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-08

十勝岳

1082.jpg


十勝岳の登山口に当たる望岳台へ行った。
紅葉がたぶん丁度いい時期だろうと言う事で出かけたが・・
まさに、バッチリの紅葉具合だった。

上富良野から吹き上げ温泉や白金温泉の方へひた走ると・・
十勝岳の登山口に当たる望岳台という絶景ポイントがある。


1086.jpg


かなり曲がりくねった細い山道を登ってやってきた。
人の運転とは・・・こんなに怖いものだったろうか?(笑)
いつもは自分で運転するのだが、私は何と言っても
山道、細い道がだいっ嫌いで、運転などもちろん出来ないのだが・・
本気で怖かったな~(笑)

でも天気は最高のお天気


1085.jpg


前方に広がるのは十勝岳。
今も活動中の火山である。
その日ももくもくと上がる噴煙が遠く山頂付近に見える。

この十勝だけは大正15年に大噴火を起こし、
上富良野等の人々を溶岩が飲み込んだといっていた。
ものすごい被害をもたらしたとの事。

1084.jpg


ちょうど、太陽の光で煙は見えないが・・・
私の肉眼には、まるで、昭和新山でも見てるいるように
もくもくと煙が上がっていた。

1083.jpg


そんな歴史のある山だが、周りの紅葉は見事で、本当に綺麗である。
私のカメラがたいした画素ではないので、こんな写り方だが。
本当に肉眼でみたこの紅葉はすばらしかった。


1081.jpg


そして、この望岳台を後にして、さらに上に向かって走ると、
十勝岳温泉郷がある。ここは、車でいける一番上、十勝岳温泉から
見える風景。がけっぷちでここからみんなこの景色をカメラに収め
たり、何時までも眺めていたが・・・・
実は、十勝岳温泉という温泉の建物の真横の為、ふと、右を向くと
男性用の露天風呂が見えて、浸かっている男性も眺める事ができる

本当はその温泉に浸かってくる予定だったが、
あまりの人の多さにイモ洗い・・・・を想像し、入るのはやめたのですが・・・
ちょっと入ってみたかった、泥のようなお湯だったので。
そして、その下のほうにあったカミホロ荘という温泉に浸かってきた。


温泉にも浸かって、ごはんも食べて、さて今度は何処行こうか?

1087.jpg


でこれが、『日の出公園ラベンダー畑』という所の展望台みたいな
所からぱりちり。もちろん、ラベンダーはもう終わっていましたので
ほとんど花は咲いてなかったけど・・・ちょっと寄り道。

1088.jpg



もう一箇所紅葉が綺麗だと聞いたとかで・・・
『拓真館』に行ってみた。いわゆる・・・上富良野とかの風景ばかり
を取っている写真家の作品を展示販売している所と公園が一体になっている所だったが・・・
ココはさほど紅葉してなかった。
でも写真はとても良かったですね。
あ、上の画像は、その『拓真館』へ行く途中の風景です。

こんな風景を見ながら、ラベンダーソフトも食べて、
旭川に向かって走りながら・・・・あ~馬がいる。
馬だ!羊だ!!!!!!
って、ことでまたより道。(笑)


10083.jpg


10082.jpg


馬は撮らなかったのですが、ポニーのような小さいやつでした。
うさぎや、うこっけい、やぎ、ダチョウ、等等


10081.jpg


10084.jpg


これは、ダチョウです。(笑)

と動物も見て満足して帰ってきたのでした。
ちょっとした癒しの一日でした。
スポンサーサイト

フリーエリア

 ← だれもが知ってる”楽天”割と何でもあります。 ←私よくここへ行って本を仕入れてます ネットでも買えるのでぽちっとね♪ ←ここはペット用品等ですね。ウサギさんの物も置いていたので  貼りましたが、このバナーが一番かわいい♪と思ったけど  大きいですね~(笑)

プロフィール

mutuki

Author:mutuki
性格 熱しやすく冷めやすい。
現実逃避の為本を読む(笑)
お弁当を作ってピクニックに行きたい♪
ドライブも好きだけど、
山道狭い道曲がり道が苦手
半身浴、岩盤浴大好き★温泉好き♪♪

最近のコメント
★ぜひ足跡を残して行ってくださいね。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。